小太りママがこれまで行ったダイエットの種類と成果

   

どうも、ダイエット取り組み中の、おたみどんです。

今日は、前回の自己紹介に続き、これまで試してきたダイエットをご紹介していきたいと思います。

皆さんもこれまで色々なダイエットの取り組みをされてきたと思いますが、その中でも成功したもの、失敗したもの様々かと思います。

私もこれまで大きな取り組みから、ちょっとした取り組みまで、何十種類ものダイエットに取り組んできました。

ここでは、その中から幾つかをピックアップして紹介したいと思います。

 

これまでのダイエットの取り組み

これまで取り組んだダイエットで、記憶にある限り古いものから順に、紹介していこうと思います。

役に立ちそうもない情報も多く含まれますが、自己紹介の続きと思ってお付き合いください。

 

ダイエットの始まりは小学校高学年

ダイエットの始まりは、多分ちょっと色気付きはじめる小学校高学年の頃だったと思います。

まぁ、その頃のダイエットと言えば、ご飯やお菓子を控えたり、やたらと校庭を走り回ったり・・・っと至って単純なものでした。

ただ、小学校の頃は何故だか毎月身体測定があり、その日の1週間前位になるとやたらと頑張り、その日が終わると又お菓子をむさぼる・・・っと言うサイクルでした。

とは言っても、成長期と言うのも手伝って、体重は勿論、身長も急激に伸びてきていたので、周りの大人たちは私のデブをさほど気には留めない様子でした。

もちろん私自身も・・・。

 

高校生になってからのダイエット

次にダイエットと真剣に向き合ったのが、高校生の時でした。

身長の伸びもほぼ止まり、体重だけが着実に増えていく。

この頃にはいくつかの種類のダイエットに取り組みましたので、パートに分けて紹介しようと思います。

 

卵ダイエット

まず始めに試した記憶があるのは、その頃流行っていた【卵ダイエット】だったでしょうか。

誰だったのかは忘れましたが、有名な野球選手が1週間で8kgものダイエットに成功したという記事を見て、始めたのがキッカケでした。

 

ゆで卵

 

ただただ、ひたすら1週間ゆで卵だけを食べ続けると言う、至って簡単なダイエットなのですが、これが意外と辛かった・・・

卵は嫌いではないのですが、『卵だけ!この卵だけっ!!』と言う事がだんだん辛く苦しくなっていくのです。

しかも、気のせいかも知れませんが、3日も経つと自分の身体がだんだん卵臭くなると言うか硫黄臭く感じてきて、それだけで気分が滅入る感じでした。

今考えると、お年頃の女子には不向きなダイエットだったかもしれません。

 

この時のダイエットの成果は、確か1週間で4キロ減でした。

高校生と言う事もあり、体育の授業があったり、学校の行き帰りにチャリを爆走していたり程よく運動もしていたから効果も大きかったのだと思います。

 

夕食を抜くダイエット

次は王道です・・・夕食を抜きました。

 

食事禁止

 

どんなに自分の好物が出ても、『家族で外食するよ!』と誘われても、頑なに拒否し続けました。

家族が夕飯を食べてる間、私は自室にこもって音楽を聞いたり、雑誌を読んだりと時間をつぶしました。

それでも、心配する母親は『今日はあんたの好きなマーボナスだよ!要らないの?」と声をかけてきてくれましたが、「いいよ、要らない!マーボナスそんなに好きじゃないよ、私」とツッケンドウに返事をしていました。

もしも自分の娘が同じ態度を取ろうものなら、ゲンコツの1つや2つくれてやるところですが、家の母親は「あらっ、そう」っとあっさり引き下がってくれました。

 

期間的には1か月強と言ったところでしょうか?

結果はこちらも4キロ弱のダイエット効果が得られました。

 

ただし、このダイエットには難点があり、栄養バランスが乱れてしまう・・・と言う側面がありました。

勿論、今夕飯を抜くダイエットをしたならば、朝・昼とキチンと野菜や肉、魚などバランス良く食べたり、足りない栄養はサプリ等で補うと言う事も出来るのでしょう。

ただ、如何せん高校生でしたので、朝はギリギリまで寝ているので食べたり食べなかったり、昼食も学校に売りに来る菓子パンやお惣菜パンを食べ、甘いコーヒー牛乳で流し込んでいました。

これではいくら痩せたとしても身体に良い訳はないですよね。

確かこの時に生理が一時期止まってしまったように覚えています。

恐いですよね・・・。

 

ガムを噛みまくるダイエット

何かのテレビ番組で『噛む事で満腹中枢が刺激され、お腹が一杯に感じる』と言っていたのを参考に、何を思ったか、お腹が空いたらガムを噛みまくるというダイエットに挑戦しました。

 

チューイングガム

 

朝・昼・夜とご飯は食べていましたが、こちらは腹5分目といった具合に抑え、ちょっとでも空腹を感じたら即座にガムを噛みまくりました。

酷い時には1日にグリーンガムを3箱噛みました。

 

残念なことに、ダイエットの成果は皆無でした。

ご飯を減らした事で多少の効果はあったのかもしれませんが、ガムを噛んだ事で痩せたのか、ご飯を減らした事で痩せたのか分かりませんでした。

しかも、1週間でガムを21箱・・・安く買えるスーパーで仕入れていても、千円越えは高校生の自分には続きませんでした。

また、ガムのせいでいつも口の中、特にほっぺの裏がシワシワとただれた感じでとても不快でした。

 

風船を膨らませるダイエット

高校生のダイエットの中で、もう1つ思い出深いダイエットが【風船を膨らます】と言うものです。

これもテレビでやっていたと記憶していますが、『ただ風船を膨らませていたらみるみる痩せました!』と綺麗になったお姉さんが言っているのを見て、その日の内に風船を買って来て膨らまし始めました。

 

風船を膨らませる

 

確かに何度も風船を膨らませていると腹筋が痛くなるのです。

鍛えられている感じとでもいいますか、普段使ってない筋肉を使っている感じがするのです。

「うん、これならお手軽だし痩せそうだぞ!!」と思ってはいたのですが、初日に頑張り過ぎたせいで、翌日は笑えないほどの筋肉痛が襲ってきました。

もう、笑おうものなら激痛が走り、大袈裟かも知れませんが身動きが取れないのです。

これも文化部の悲しい宿命とでも言いましょうか・・・普段からもう少し体を動かすべきでした。

このダイエットは3日も保たずに終了しました。

満足な結果も得られずただ数日間に渡る筋肉痛だけが残りました。

 

 

大人になってからのダイエット

20歳位になって試し始めたのが、【国立病院の痩せる方法】と言うダイエット方法でした。

朝・昼・夜とメニューが決められていて、そのメニューを着実に食べていくと言うものでした。

こちらは多少の効果も出て、なおかつ2週間限定のダイエットでしたので、取り組みやすかった記憶があります。

こちらについては、再び試す価値もあるように感じますので、また別の機会に記事にまとめようと思います。

 

マイクロダイエットについて

続いて、据え置きダイエットの王道で【マイクロダイエット】も試しました。

 

マイクロダイエット

 

1日の3食の内、1食あるいは2食をこの栄養ドリンクに置き替えるのです。

味の方も数種類あり、飽きる事なく続ける事ができます。

しかも、これ以外の普通の食事についても、これと言った制限がなかったので、朝と夜をマイクロダイエットにして、お昼は会社の近くで大好きなパスタランチを食べたりしました。

また、週末に友達と夕飯を食べに出掛ける約束をすれば、朝・昼へと飲むタイミングを替えたりしていました。

 

この【マイクロダイエット】に関しては、かなりの成果がでました。

おそらく2ヶ月で7~8キロのダイエットに成功したと覚えています。

ですが・・・この商品のデメリットとして、かなり高価な代物だったという点が挙げられます。

独身で、しかも実家にいた頃の私だからこそ出来たダイエット方法だと思います。

今でも、もっと金銭的に余裕があれば、再度挑戦したいダイエット方法だと思うのですが、現在は専業主婦をしている私ですので、とても、とても・・・。

 

ダイエットスープについて

最後にもう一つ挙げておきましょう。

もう10数年前になるでしょうか、結婚してから最初に試したのが、【ダイエットスープ】です。

 

ポトフ

鶏肉のポトフって感じ(イメージ)

 

鶏肉、セロリ、トマト、ニンジン、キャベツ、玉ねぎなどをコンソメで煮てスープを作り、そのスープだけを1週間食べ続けます。

お腹が空いた時にはどれだけ食べてもいいそうです。

ですので、家にある一番大きな鍋一杯にスープを作り、本当にお腹が空いたら、すぐにお皿に入れて食べる、又お腹が空いたら食べるを繰り返しました。

この時は1週間で1~2キロほど痩せました。

味も嫌いじゃなかったし、もっと続けられるのにな・・・と思っていましたが、こちらも期限付きでしたので、1週間で止めました。

そしてこれ以降、ダイエットスープは作っていません。

 

 

以上で、これまでに取り組んだダイエットの一部の紹介を終わります。

 

実はスープダイエットをしてほどなく、一人目の子供を妊娠しました。

そして、これを機に、ダイエットはしばらくお休みすることになりました。

最初の子供の時は、何もかも始めてと言う事もあり、悩んだり焦ったりの日々を送る事で5キロ程痩せました。

食べているのに痩せれるなんてラッキーくらいに思っていたのですが、だんだんと子育てにも慣れてきたり、子供達が学校や保育所に行くようになると、多少一人の時間が出来た事で、また自分の体形を顧みる時間が出来てきました。

気付けは40代半ば、決して若くはありません。

かと言って老け込むにはまだ少し早い気がします。

ここでもう一度頑張っておかないと、後の10年20年、後悔しそうな気がしてきたのです。

こうして、若い頃からのダイエットの数々を思い返していくと可笑しくもありますが、「あ~、私も頑張ってきてたな」と思えるのです。

そして、今こそあの時の行動力と情熱で、難しいと言われる40代のダイエットに挑んでいきたいと思うのです!!

ただ、苦しいだけのダイエットにはもう懲り懲りですので、私なりにやれる事を、気楽に楽しみながらやっていけたらいいな~と思っています。

 

icon-arrow-circle-down 応援ポチで今日も頑張ります!!

 

 


 - ダイエット雑記 , ,